ダウンロード音楽配信Q&Aトップページ > iポッド(iPod) >  iポッド(iPod)の使い方

iポッド(iPod)の使い方

iポッドとは

iポッドは米Apple社製の携帯音楽プレーヤーのこと。種類は大きく次の3種類に分かれています。iPod shuffle、iPod nano、iPod、いずれも非常に小さく持ち歩くのに最適。ディスクサイズ(データの保存量)にそれぞれ差があります。また、音楽の編集には誰でも簡単に編集できるiTunesというフリーソフトを用いて音楽の編集を行います。

iポッドはなぜここまで人気が出たのか

iポッドの人気が出た理由は幾つかありますが、まず一番はiポッドがポータブルであること。最近では電車の中を見渡せば、誰かしらiポッドを利用しているのを目にすると思います。また、ジョギングをしながらiポッドを聞いている人もよく見かけますね。iポッドは大きさも小さく、持ちあるくことに違和感がありません。特に最小のiPod shuffleは、首からぶら下げてるのを忘れる位の大きさです。

また、もう一つは音楽の管理がお手軽という点です。アイチューン(iTunes)というフリーで提供されているソフトを使って行いますが、アイチューンは誰でも簡単に編集作業が行えるようになっており、こちらもヒットに繋がった大きな要因の一つです。また、最近ではゲームもできるようになりました。

iポッドの価格

iポッドの一般的な販売価格ですが、価格.comで調べてみました。機種/ディスク容量により価格は分かれます。以下、大まかな価格帯です。

◇◇iPod 30GB 61.8x103.5x11mm 136g ¥27,000~¥34,800
◇◇iPod 80GB 61.8x103.5x14mm 157g ¥37,380~¥42,800
◇◇iPod nano 2GB 40x90x6.5mm 40g ¥15,750~¥17,800
◇◇iPod nano 4GB 40x90x6.9mm 42g ¥21,483~¥27,800
◇◇iPod nano 8GB 40x90x6.5mm 40g ¥26,200~¥29,800
◇◇iPod shuffle 1GB 27.3x41.2x10.5mm  15g ¥9,200~¥9,800

iポッドの選び方

iポッドを選ぶ時のポイントですが、使用用途と価格との相談になると思います。普段から全ての音楽を持ち歩きたいという方であれば、迷わずiポッド80GBを。また最低限の容量があれば良いという方であれば、iポッド1GBでも十分だと思います。またiポッドは大きさがそれぞれ違い、ディスクサイズに差があります。大きいもので80GB、小さいもので1GB。イメージとしては、iポッドはバッグに入れて聞く、iポッドnanoはポケット、iポッドshuffleは首からぶら下げてというイメージです。